いよいよ『スーツ(SUITS)シーズン4』の日本語吹き替えがhulu日本語配信されました。
やっぱりスーツは日本語吹き替えじゃないと!
特にジェシカとハーヴィー、そしてルイス。
この3人のキャラと声優がピッタリすぎて、その安定感が堪りませんね…あっ、あとドナも。
マイクが弁護士の資格もないままハーヴィーの元に雇われて早3年も過ぎ、「ピアソン&ダービー」という法律事務所もその名を「ピアソン&ハードマン」そしてハーヴィーの念願である「ピアソン&スペクター」に名を変えていきました。
最初から見ている私としては「ピアソン&スペクター」に変わった時は嬉しくなりました。
晴れてジェシカ=法律事務所のパートナー(役員)になったハーヴィーにこれからどんなことが待ち受けているのかワクワクしていました。
シーズン4ではそれが描かれているわけなんですよね。

スーツ〜シーズン4はハーヴィーvsマイク

シーズン3終盤で投資事業の会社を始める依頼人から引き抜きにあったマイクは事務所を辞めるか迷います。
そして退職を決意します。
決意の裏には、弁護士の資格のないことで負い目もあり、時にそのことで怯えながらも仕事をこなし、たとえ最高の結果を残しても自分の名前マイクロスを表立って前に出すことは出来ない。
いつもマイクの影でしかない自分は自分らしくないという思いも強くなり、その選択をしたのでしょう。
弁護士になるための勉強をしている恋人にも真実を打ち明けられず葛藤した時もありましたね。

スクリーンショット 2016-07-22 19.12.03

スクリーンショット 2016-07-22 19.12.36

そのマイクが晴れて資格の必要ない投資銀行家としてのデビュー戦がハーヴィースペクター。
これは目が離せません。
マイクはハーヴィーのやり口を、ハーヴィーはマイクのやり口を。
お互いの戦法を熟知してるのですから勝敗がつきにくいつきにくい。
お互いがお互いの1歩先を見抜いている。
だから1.5歩出たほうが勝ちってわけです。
そこに行き着くまでが私たち視聴者はワクワクドキドキが続きます。
時にルイスの助けがあったり、時にルイスの失敗があったり…ルイスはプラマイゼロってことですかね。
とにかく今回の対決は目が離せませんよ。

スクリーンショット 2016-07-22 19.13.51

スーツ シーズン4はこちらから
↓↓↓↓↓↓
スーツ シーズン4はhuluの2週間無料トライアルから見よう!